ディセンシア 取扱店

もしかして私、敏感肌なの?

敏感肌とは、化粧品や肌に触れるものなどに敏感に反応して、色々な肌トラブルを起こしてしまう肌のことです。
たとえば、こんな症状がある場合は敏感肌の可能性があります。

  • 化粧水がヒリヒリしみたり、肌にかゆみがある
  • カサカサした乾燥肌に長年悩まされている

そんな敏感肌。もともとは肌の乾燥が進行して敏感肌を招いているケースがとても多いのです。
間違ったお手入れを続けていると、症状はますます悪くなります。
敏感肌の方によく起こる症状をまとめたので、自分の肌の状態と照らし合わせてみて下さいね。

敏感肌の代表的な症状

乾燥が激しい

季節によっては薄い皮がむけるほど乾燥している方もいます。
長年乾燥に悩まされている方や、年中乾燥している方も敏感肌の可能性があります。
肌がガサガサしていると化粧ノリも悪くなるので見た目も気になりますね。

 

化粧水によってはしみることがある

敏感肌の方は肌を守っているバリア機能が低下しているので、肌への刺激をダイレクトに感じてしまいます。
また体調や肌の状態次第では今まで使っていた化粧水で急に刺激と感じることもあります。
最近は敏感肌用や低刺激のものが増えているので選びやすくなっていますよ。

 

すぐにニキビができてしまう

ニキビは皮脂が多い人の悩みのように思われがちですが、乾燥しているため肌を守ろうと過剰に皮脂を分泌しているインナードライのケースもあります。
肌が乾燥していると角質が硬くなっているので、毛穴がすぐに詰まってしまい炎症を起こしてニキビとなります。

 

肌が赤くなる。かゆみがある

肌の赤みは敏感肌の初期症状ともいえます。
乾燥による刺激や特定のアレルゲンによりアレルギーの過剰反応を起こし、かゆみとなって現れます。

ほかにもこんな症状

顔以外にも起こる

敏感肌とは顔のイメージが強いですが、皮膚が薄く弱い部分や、普段外にさらされている部分にも起こりやすくなります。
例えば紫外線を一番受けやすい頭皮トラブルもそのひとつです。

 

フケやかゆみ、シャンプーや整髪料などのヘアケア用品がしみたりします。他にもひじやかかとのひび割れ。
スネが粉を吹いたように乾燥することや何度も繰り返す部分的なかゆみや湿疹。
これらも肌が敏感になっている症状です。

 

病院を受診した方がよい場合とは

我慢できないほどの強いかゆみがずっと続くような場合や湿疹がひどい場合は病院を受診し、治療することをおすすめします。
医師と相談しながら敏感肌ケアを取り組みましょう。

 

敏感肌の場合、ホルモンバランスの乱れや肝機能の低下、それに伴う免疫力の低下など
身体の内側が影響していることが多いので、普段の生活など見直せる部分はたくさんありますよ。